まちづくりの会社アンカーAnchorPlanning

Association

 当社は、住民が主体的にまちづくりにかかわり、意思決定し、実践するための様々な取組をしています。自分の家だったら使いにくいところがあれば直したり、つくり替えたりすることができますが、公共空間では簡単にできません。

 

 たとえば危ない交差点があったとします。だれに相談すればよいでしょうか?交通事故が起きたりすれば警察も行政も急いで対応してくれるかもしれませんが、なんとなく危ない程度では、取り上げてくれるまでには時間がかかるでしょう。もしかしらた危ないと思っているのは自分だけかもしれません。

 

 たとえば近所に居心地の悪い公園があります、こうすれば気持ち良くなるのに、とアイデアをふくらませても実際に工事するわけにもいきません。そうかといって無関心でいるわけにもいきません。

 

 たとえば、何年も放置されている空き家があります。いったい誰の家なんだろう?火事になったら怖いからなんとかしてくれないかな・・・。そうはいっても人の家だからどうしようもないな。

 

 私たちは、身近なことから都市全体のビジョンまで、自分たちの街に関心をもって楽しくて暮らしやすくしたいと考える人のお手伝いをしています。

 

 まちづくりの扱う分野は広範囲にわたりますが、お仕着せのまちづくりではなく、利用者がプランニングに参加し、維持管理まで愛着をもって関われるプロセスプランニングが重要だと考えています。それは建築物のデザインに似ていますが、発注者が個人ではないという点が大きく違います。いろいろな価値観、考え方、利害関係を収斂させていくためには、個の意見をお互いが尊重・共有しながら一歩ずつ進んでいく必要があります。合意形成には時間はかかりますが、そのプロセスで様々なコミュニケーションを体験することができます。

 

 そして、できあがったプランがどんなに良いものでも、実現するためには、資金調達がセットになっていなければ現実のものにはなりません。民間ビジネスでは当たり前のことですが、まちづくりの分野では公共と民間の両域を行き来しながら、プロジェクトをマネジメントしていく必要があるので、単純な利益追求では正解になりません。そのために、まちづくりという枠にとらわれずに仕事をしていこうと思っています。

 

有限会社Anchor(Anchor.Inc.)

〒101-0047 東京都千代田区内神田3−66−3楓ビルB1
    取締役 山岸 勇一

    取締役 三原 久徳